2030/01/01

イタリア料理 オステリア ダ ミケーレ [トップページ]




*最新の投稿はこちらの記事の次からになります*


〒430-0932
静岡県浜松市中区肴町315-45 タケヤ隣
TEL&FAX:053-454-2860

営業時間:AM11:30-PM1:30(L.O.)
※土・日・祝はPM12:00より

PM6:00-PM9:00(L.O.)
※日・祝はPM8:30(L.O.)定休日:月曜日、第3火曜日座席数:12席

ご予約は電話のみにて受け付けております。
大変小さなお店です。誠に勝手ながら、ご入店は中学生からとさせていただいております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
カードの取り扱いはしておりません。




【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】
   Osteria da Michele

*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。 
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
 *撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!
 Inviato da iPhone


2017/03/24

季節は巡って...

桜エビ春漁が解禁されました。
あっと言う間に季節は移り変わりますね。



【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】

Osteria da Michele

*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*web→http://www.wr-salt.com/michele/
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
*撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!

Inviato da iPhone

2017/03/17

営業日が変則的です。

3/20(月)は通常定休日ですが営業いたします。
3/21(火)は通常通り営業いたします。
3/22(水)は振替でお休みになります。
変則的になっておりますので、ご注意くださいませ。

それでは、よろしくお願い致します!

**

写真は愛するフィレンツェの名店、トラットリーア ゴッツィにて。

【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】

Osteria da Michele

*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*web→http://www.wr-salt.com/michele/
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
*撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!

Inviato da iPhone


2017/03/14

ミケーレのイタリア便り その10 最終回

月並みですが、長いようであっという間のイタリア滞在。
夕方のフライトですので、市場を回ったり、スーパーに出かけたりしながら、
最後の昼食に行きました。
この最後の食事にどこを選ぶかが大問題!!!笑。
前夜から悩みましたが、最終的に意見は一致しました。
**
ダ ロッコ
***
初めてのお店よりも、このお店のお料理でホッとした気分で出発したいと思いました。
メニューも前回とは変わっているので、また楽しめる!

アマトリチャーナ
ペコリーノチーズが入っていない。なのでとてもシンプル。個人的にはペコリーノは入れたほうがいいと思いました。

カレッティエーラ
ピリッと辛いトマトソース。こちらも酸味のきついソースで唐辛子がいいアクセントになっています。この酸味のきいたトマトソースってイタリアだなーって思います。酸味があると飽きがこないです。甘味が強いとベタッとした印象になりかねませんからねえ。酸味で引き締まる。そう思いました。

またもおじさんいません。引退されたのかな?


珍しく、ランプレドット(牛の胃袋)を頼みました。サルサベルデでいただきます。これはフィレンツェでは珍しく(笑)塩味足りないくらいでした。臭みが全くなくあっさりで、パルミジャーノをかけていただきました。それくらいあっさり。





そして、アリスタで締めようと思ったらご覧の盛り付け!このようなアリスタの盛り付けは初めて見たので、何の料理かわかりませんでした 笑。
よく味が染み込んでいて、噛めばジュワッと旨味が溢れます。すぐにフライトですので、ワインは我慢しましたが、赤ワインとめちゃくちゃ合うと思います!頰ばってはグビッ、頰ばってはグビッ、を延々できそう!!!笑。



そして、ジャガイモのロースト。
何度食べても止まらない。お腹いっぱいでもやめられない!別腹です!!www














本当にお腹いっぱいでしたが、パンナコッタをもう一度確かめよう!ということになり、いただきました。やはりイタリアの方があっさりとしていることを改めて確認。
この後カッフェを飲んでアパートに戻り、最終パッキングを済ませ、タクシーが来るの待ちました。

***

フィレンツェ発ミュンヘン経由羽田。
そしてセントレアからバスで浜松まで。

ドイツで飲んだビール。美味しかったのか何なのか、覚えていません。
きっと緊張感が解け始めていたのでしょうね。
******
長いことお付き合いくださいましてありがとうございます!
これでひとまず、ミケのイタリア便りは終了になります。
戻ってきてこの時点で10日以上経ち、元通りの生活。余韻も薄れてきましたが、ふとした瞬間にフラシュバックが起こり、イタリアにいるかのような錯覚が湧き上がってきます(笑)。これがお料理にも良い影響をもたらせてくれると信じています。
8年ぶりに思い切って行ってよかった!
また許されるなら、ひと頑張りもふた頑張りもして、イタリアに行きたいと願っています。
空港にて。魂抜けてます(笑)。

それでは、よろしくお願い致します!


【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】
Osteria da Michele
*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*web→http://www.wr-salt.com/michele/
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
*撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!

Inviato da iPhone

2017/03/12

急ですが、


急ですが、明日のお昼の営業は、私用でお休みさせていただきます。なお、ディナーは営業を予定しております。なにとぞよろしくお願い致します。
Gelateria EDOARDO クリック!

【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】

Osteria da Michele

*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*web→http://www.wr-salt.com/michele/
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
*撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!

Inviato da iPhone

2017/03/11

ミケのイタリア便り その9

フィレンツェと言えば、バティストゥータ!

***
翌日の14:00にはアパートを出発して帰国です。
この日は実質最終日。
予定は、食材やカトラリーの調達をして、荷物を仮パッキング。
**
その前に、アパートから歩いて行けることが判明したミケランジェロ広場と、サン ミニアート アル モンテ教会までウォーキングしました。


月曜日の朝は静かでした。


石畳

絵になりますね。

誰?www











この後いつものCOOPに行ったり、中央市場、サンタンブロージョ市場に行き品定め&購入。
パスティチェリーア シィエニを再訪したりしました。


カフェNo.1!!!

***

ディナー最後はアパートの並びにあるお店に行ってみました。
毎日このお店の前を通るたびに、楽しそうに仕事をするお店の方とよく目が合いました。
お客さんも楽しそうに、賑わっています。
カンティネッタ アッレグリ


店内は広くはありません、イタリアでは珍しいと思います。内装はどちらかと言えば、クラッシックでしょうか。使っているものは、可愛らしいです。
店員さんたちは思ったより若い方達でした。てきぱき良いテンポで働いてます。
ここでもトスカーナ風盛り合わせ笑。
優しい味付けです。トマトも新鮮でみずみずしい。


プリモ二種。ピーチのラグーとパッパルデッレのイノシシのラグー。
これは残念ながら(珍しく)口に合いませんでした。イノシシの味は生かされてなく特徴が分からない。あっさりしすぎでした。
ノーマルのラグーも同じく、あっさりし過ぎで、何を食べているのかインパクトがありませんでした。
ここでこのお店のコンセプトが理解できた気がしました。






















セコンド2種。キヤニーナ牛のタリアータと鶏のロースト。
美味しい、けれども何かが足りない、、、、、、。特徴がわからない。
鶏は前日コナードで買った鶏と同じ食感と味です。同じ鶏だから仕方がないのですが、、、。


ドルチェは腹パンなのでパスしてエスプレッソで締めてお会計を頼むと、ここも電話回線の工事で、今日はカードが使えないとの事。ちゃんと用意してありますよ!!抜かりなく(ただの心配性w)。
申し訳ないからと、リモンチェッロを二杯サービスしていただきました。
お店の方はしっかりとしていて、必ずお客さんに声をかけています。爽やかな笑顔も好印象です。
お店も綺麗にしているし。
それだけにお料理が合わなかったのが、残念でなりませんでしたよー(泣)。
***
あと半日あるっ!!!乞うご期待!笑。


【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】

Osteria da Michele

*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*web→http://www.wr-salt.com/michele/
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
*撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!

Inviato da iPhone












暇つぶしに...


空港からフィレンツェの街まで


2017/03/09

ミケのイタリア便り その8


前日は、結局ジュリアーノからの連絡がなく、こちらもイタリアンマインド(笑)で待っていましたが、滞在もあと2日を残すのみ。有意義に使いたので、(イタリアンマインドで)しつこくメッセージを送ってみました。「あと2日しかいないよ」と。

***

早速メッセージが返ってきました。
G:「今日は何してる?」
M:「フィレンツェにはいるけど、行きたいところもあるんだけど。」
G:「11:30に待ち合わせて14:30頃に戻ってくる、これでどう?」
M「ありがとう!じゃあミケランジェロ広場で降ろしてよ。」
G:「OK!」
あっさりと決まる 笑。

****

11:30までにやることを片付けて、のんびり出かけます。
さりげなくアンティークを扱うお店など見たり。

以前勤めていたレストランの前で待ち合わせして、
大体時間通りにジュリアーノ現れる(笑)。
この前の話では、郊外の連れて行きたいレストランがあるとの事でした。
ところが、「11:00に予約の電話をしたら今日は満席だと言われ、15:00なら席が空くと言われた。」だそうですwww。
そりゃ人気店で日曜日なら当たり前でしょっ!想定していたから、そんなに驚かなかったけど!! 笑。計画雑すぎ、、、。中心街のレストランは日曜日には行きたくなかったので、郊外にある、以前連れて行ってもらったフォカッチェリーアに行きたいと要望。一緒に行った記憶はないけど(笑)、お店の心当たりは話あるから、そこにしよう!と決まったのです(本当はもっとやりとりがあったのですが、割愛します 笑)。

***

車で20〜30分でしょうか、のんびりとした風景の中を走り、たどり着いたお店。
なんか違うwww
風景が違う。でもこんなだったかもしれない、、、。
結局は違ったのですが、でもこのお店は、フィレンツェNO.1だと誰でも言うお店だそうです(ジュリアーノ統計?笑)。

**

実際、店の外まで人が溢れていて、長蛇の列。焼きたてのスキャッチャータが見る見るうちになくなり、待つ。焼きたてが運ばれまた無くなり、、、。すごい人気です。

**

ジュリアーノのオススメは生ハムにペコリーノチーズを挟んだものだそうで、そこは従う。焼きたてのスキャッチャータの粉の香りが香ばしい。グウ〜ッとお腹が鳴りそう。







































この板の上でカットして間に生ハム等具材を挟んで手前の袋に入れてくれます。熱々です。生ハムが温められて、いい香りが漂い始めます。
店の前のベンチでも食べられますが、車でちょっと先の葡萄畑で食べるのはどうか?というので、もちろん賛成して、車に乗り込みました。
おかーさん!
**

見渡す限り葡萄畑。空気も澄んでいます。何度も深呼吸。
ここまでの車中に色々な話を聞きました。
そんな中、ふと口をついて出てきた独り言、「8年ぶりにやっとだけど、8年間頑張ったから、たまにはいいよな、こんな幸せでも、、、。」もちろん日本語です。
こんなこんな言葉が出てくるなんて、自分でも意外でした。
風景があまりにも自分にとって”非日常”だったからでしょうか。
それくらい美しい風景で、思いっきりリラックスしていたのでしょうね。
空気も一緒に頬張る。






飛行機雲!!!& 頬張る!






ポーズしつつ頬張るっ!www

包み紙のセンスもITALIA!!! 






無言。

スキャッチャータは かなり噛み応えある。




兄ちゃんと会話。真剣に聞いてくれて嬉しい。






息子さん。頼もしいっす。






ここのテラスでも食べられる。僕らはジュリアーノの秘密の楽園で食す、を選択。

本物の街のほっとステーション!!!

外観

You&I

ワイン畑で頬張って


リラックス






優しさに溢れる声。



懐かしい笑い声。



100年分の笑顔



楽園???




*****
その後、イタリア人は街中でのトイレはどうしているのか?素朴な疑問を訪ねたり、バールでエスプレッソとケーキを食べたりして、たっぷり楽しませてもらいました。
**

別れの時間も迫ってきたので、サン ミニアート アル モンテ教会まで行ってもらい、そこでジュリアーノとはお別れです。
翌日は健康診断があるそうで、今から何も食べられないのだそう。今度会う日まで、変わらずに元気でいて下さい。お願いしますよ。

背伸びと屈伸中!




べったり!




バイバーイ、ジュリアーノ。







ミケランジェロ広場より

**



薔薇園?を抜けてアパートまでトコトコ歩きました。

******

この日はコナード(スーパー)で購入した、ブッラータや鶏のローストにインスタントリゾットで夕食を済ませました。
もちろん、ちょー安いビールにワインは欠かしてませんw







出費はほとんどナシ!節約生活(笑)ができました。
フィレンツェ生活もあと1日半!!!
佳境に入ってまいりました。
何を食べるかが、そう!大問題なのであります!!!
次回もよろしくお願いします。

【街中の小さなイタリア オステリア ダ ミケーレ】
Osteria da Michele
*instagram→http://bit.ly/1pV7WCc
*web→http://www.wr-salt.com/michele/
*Facebook→http://urx.nu/6CNu

*12席の小さなお店ですご予約をおすすめ致します。
*カードのお取り扱いはしておりません。
*中学生未満はお断りしております。ご理解くださいませ。
*撮影した写真は 【#肴町のミケーレ】で投稿をお願いします!

Inviato da iPhone